HOME>特集>ゆったりと着れるマタニティパジャマだとお腹周りもきつくない!

ゆったりと着れるマタニティパジャマだとお腹周りもきつくない!

お腹

お腹が大きくなっても楽な着心地が魅力

お腹が大きくなってくるとそれまで着ていたパジャマでは窮屈になってきます。そんな時マタニティパジャマがあると産前はもちろんのこと、入院中、産後も大活躍してくれます。マタニティパジャマはお腹周りがゆったりとした作りになっていて、お腹が大きくなってきた妊婦さんの体を優しくつつんでくれます。ズボン付きのマタニティパジャマの場合、ウェスト周りがゴムで調整できるようになっているので体型に合わせて使うことが出来る優れものです。マタニティパジャマは入院中に診察が受けやすいように丈が長いつくりになっているのですが、ゆったりとした作りのために着心地がとても良くておすすめです。また、授乳口付きの場合は産後もしばらく使えます。

女の人

より快適に過ごすために素材にもこだわってみよう

妊娠中、入院時、産後により快適に過ごすために季節にあったマタニティパジャマを選んでみてはいかがでしょうか。例えば夏などの暑い季節の場合は、汗を吸収してくれる綿の素材がおすすめです。冬の寒い季節の場合は、裏起毛の素材やフリース素材、ボア素材などの温かい素材を使ったものがおすすめです。その季節に合ったものを選んでより快適に過ごしたいですね。マタニティパジャマは高価なものだと思われがちですが、通販などで探すと結構安い価格のものもあったりします。店頭で探すと種類があまりなかったり、好みのデザインがなかったりすることもありますが、通販だと品揃えがかなり多いので、希望のもの、好みのものが見つかる可能性も多いです。より快適に過ごすために素材やデザインなどにこだわって、お気に入りのマタニティパジャマを探してみてはいかがでしょうか。